歴史と活動
  • 1981年2月24日、ホアビン省を拠点に「第12建設機械エンタープライズ(国営企業)」として設立され、ホアビン発電所建設する際の主要事業を担当
  • 1990年:第12機械建設エンタープライズに改名し、本社と活動範囲をハドンおよびハタイ  (現在のハノイ市)に移動
  • 1995年:第12機械建設会社に改名し、本社をハノイ市に移動
  • 2000年3月:建設省とベトナム建設組合から「最高品質」金賞勲章を授与(Hung Yen省医療保険本部建設事業)
  • 2003年2月:建設省とベトナム建設組合から「最高品質」金賞勲章を授与(Ha Tinh省Cau Treo国境ゲート管理委員会本部建設事業)。
  • 2004年6月:建設省とベトナム建設組合から「最高品質」金賞勲章を授与(伝統楽器復元サポート・開発センター建設事業)。
  • 2004年9月:株式会社化、第12リコジインフラ開発建設総公社に改名、建設省の中で初の株式会社の一つ。
  • 2005年9月:認証機関 QUACERT からISO9001-2000認証を取得。
  • 2006年8月:第12リコジ株式会社に改名。
  • 2010年1月:Vietnam Industrial Construction Corporation (VNIC)の設立に伴い、その子会社に

設立されてから25年以上たった現在、第12リコジ株式会社はこれまで数多くの国家主要事業に携わり、ベトナムのイメージ形成と国際統合に貢献できたことを大変誇りに思っています。

活動分野

①基礎 処理
弊社の最大の強みであり、基礎作業は事業の品質および安全性、施工計画を管理する中で非常に重要な意義を持っていると認識しています。そのため、現場の管理において、常に専門性と技術向上を目指しています。また、長年の経験とともに積極的に専用機械も取り入れ、直径2メートル、深度60メートル以上のような高い品質と厳しい条件を要求する基礎処理や地下建設の大規模なプロジェクトを実施することもできます。 
②機械建設
機械を用いる施工作業も「第12リコジ」ブランドの強みの一つです。発掘、盛土、整地等の作業は活動開始した以来弊社の主な活動として促進されています。近年は数多くの水力発電所建設事業、例えばソンラ事業(Son La)、バンチャット事業(Ban Chat)、アヴォン事業(A Vuong)等への参加により、豊富な経験とこの分野における伝統的な強みを一層高める事に成功しました。 
さらに弊社ではKomatsu、Caterpilar、Alatscopco、Volvo、Huyndaiなど有名メーカーから30機以上ものの専門機械設備(運搬機械、掘削機、ブルドーザー、ドリルなど)を取り寄せ、年間約200万㎥の土壌事業のニーズに応えることができます。 
③民間事業 
民用住宅をはじめ、オフィス、高層ビル、新地区等で生活空間確保のニーズが高まる中、これらのニーズを満たすために常に機械設備と人力資源の確保に力を注いでいます。弊社がこれまで携わってきた事業の中で「最高品質」金賞を授与した事業もあります。 
④鉄骨構造物の製造
ハノイ市ザーラム町(Gia Lam, Hanoi)の中小企業工業団地内(Phu Thi周辺)に鉄骨構造生産工場を所有し、生産量は年間約5000トンです。主にプレハブ、カッパー定型加工、掘削・築堤活動用設備および付属品等を中心に製造しています。
⑤建設用石材・コンクリートの生産 
投資や生産活動に向け、初段階では建設用石材やコンクリート製品を中心に生産していき、その生産量は全生産量の20%を占めています。 
⑥投資 活動
機械機能向上のために投資するほか、自社の専門能力に適した事業への投資を重視しています。その代表として、2009年から施行されている第12リコジビル建設(オフィス&アパート混用)があげられます。